お詫びと訂正

先日、紙芝居作家の三好富美子さんにお会いしたら、
三好さんのはなしを筆者が間違って聞いていたことがわかりました。

こちらの記事で。
おおぜいの子どもたちを前に話しをするとき、全体に視線を送りながら話す。
そのコツは、てっきり「ななめに見る」だと思っていたのですが、
正しくは「Sの字に見る」なのだそうです。
なるほど、その方がわかりやすい。

その箇所を訂正して、お詫びします。
三好さん、すいませんでした。
[PR]
by kamishibaiya | 2011-05-10 09:23 | お知らせなど | Comments(0)