絵を見せて語るいろいろ・04

絵巻/日本


日本の伝統的な絵巻は、ひとりで鑑賞するようにできています。

だいたい肩幅くらいの長さ(60〜80㎝くらい)に、画面を広げる。
基本的には右手で巻き込み、左手で広げながら、スクロール。
場面は、右から左へと展開していきます。
f0223055_9261142.gif

絵と文章が交互に配されているもの。
絵の中に文章が書かれているもの。
──などなど、その形態はいろいろですが、
多くは文章を読みながら、絵をながめつつ、ひとりで物語の展開を楽しみます。

が、「源氏物語絵巻」の中で冊子の読み聞かせをしていたように、
絵巻を繰り広げて画面をながめる人のかたわらで、
侍女などが文章を読み聞かせていたということも想像できます。

f0223055_7411129.gif


下の絵は、江戸時代後期の1804年に出版された山東京伝「近世奇跡考」の挿し絵。
当時は世俗化して「歌比丘尼」といわれていた熊野比丘尼の
絵解きをする様子を描いています。
熊野比丘尼は、たいてい1枚の掛け軸絵を見せながら語りますが、
こうして絵巻を用いることもあったようです。
f0223055_1623228.gif

②の女性は、髪型や服装から、「上臈」といわれるような
身分の高い武家の女性であることがわかります。
①の熊野比丘尼が、武家の屋敷に招じ入れられ、絵解きを語っているところです。

絵巻の画面には閻魔大王が描かれていて、語っているのはたぶん地獄の絵解きです。
切々と哀れを催すくだりを語っているのでしょうか、
②の女性は袖で涙をぬぐい、かたわらの侍女も顔をおおって泣き出しています。

絵巻は、基本的に座敷の2次元的な平面に置かれて広げられるものですから、
鑑賞する人数はひとりか、せいぜい3〜4人が限度となります。

平安時代の貴族社会であれば、それもOK。
しかし、一部の少人数の人々の楽しみとするだけでなく、
より多くの民衆に語り聞かせようとすれば、
室内でも野外でも、絵を立てて、多くのひと目に触れさせる工夫が必要です。
「絵解き」の多くが、掛け軸絵を立てて掲げて語ったひとつには、
そうした理由もあったと思われます。

江戸時代でも、こうした屋敷の室内で、2〜3人の観客相手であれば、
絵巻は、有効なシステムであったでしょう。
が、武家の屋敷によばれて少人数相手に語るというようなケースは、
それほど頻繁ではなかったかもしれません。

f0223055_7411129.gif


同じ絵巻でも、インドネシアの「ワヤン・ベベル(Wayang Beber)」は、
大画面で、そして画面を垂直に立てるというやり方をすることで、
多くの人数にアピールしています。

また、インドの「ポトゥア(Patua)」は、
横にスクロールさせるのではなく、縦にスクロールさせる絵巻。
そうして床にべったりと置くのではなく、
画面を持ち上げて3次元的に立たせることで、
より多くの人々に見せることが可能です。

f0223055_7411129.gif


一方、日本スタイルの絵巻も、今は多くの人が鑑賞できるような工夫がなされています。

「安珍清姫」の物語で知られる和歌山県の道成寺
こちらでは、お寺に伝わる「道成寺縁起絵巻」を描き写した写本を使って、
絵解きを行っておられます。

この「絵とき説法」は、数百年の昔から伝わり、
現在も、年間に3000回以上行われているそうです。
そうした長い口演の歴史の中から、絵巻をより効果的に見せる工夫が生み出されたのでしょう。

木の台を使って、絵巻を立てかけ、聴衆が見やすいように画面を起こす。
左端の軸をはめ込むようにして、台に固定させる。
「説法」の語り手は物語を語りながら、
右端の軸をくるくる回して巻き込み、スクロールさせて画面を展開させるというわけです。
f0223055_8334020.jpg

筆者は、生で見たことがなく、
これはぜひとも行って拝見したいなあと思っています。




《参考文献》
榊原悟監修「すぐわかる絵巻の見方」東京美術
武者小路穣「絵巻の歴史」吉川弘文館
高畑勲「十二世紀のアニメーション ー国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるものー」徳間書店
[PR]
by kamishibaiya | 2012-05-18 06:23 | 絵を見せて語るメディア | Comments(0)

「ポレポレ」は、スワヒリ語で「のんびり、ゆっくり」という意味です。紙芝居屋のそんな日々。


by kamishibaiya