カテゴリ:旅のこと( 3 )

斉藤隆介さんの作品に「ベロ出しチョンマ」(1)という名作があります。

江戸時代の義民として知られた佐倉惣五郎のはなしがモデルなのだとか。
千葉県の花和村という村では、領主の過酷な年貢の取り立てに、農民たちは飢えて困り果てていた。
そこで長松の父親は、死を覚悟して将軍への直訴を企てます。
が、聞き入れられず、一家は磔(はりつけ)にされることになります。

12歳の長松には、幼い3歳の妹をあやして笑わせるための必殺技がありました。
人形浄瑠璃のように、眉毛をカタッと八の字に下げ、ベーッと舌を出す。
そのあまりの“ヘン顔”に、ぐずっていた妹も笑わずにはいられない。

長松一家が柱に縛り付けられ、いよいよ槍で突かれようとしたとき、妹は泣き叫びます。
そのようすを見た長松は、自分のことも忘れて、妹をなだめ笑わせようと、
眉毛をカタッと八の字に下げ、ベーッと舌を出す。
そして舌を出したまま、殺されたのでした。

一家が殺された刑場のあとには、やがて神社がたち、その縁日にはおもちゃの人形が売られるようになりました。
人形の背中の輪をひっぱると、眉毛がカタッと八の字に下がって、ベーッと舌を出す。
見れば、だれでも笑わずにはいられない。
そのおもちゃが「ベロ出しチョンマ」。
「長松」の名前がなまって、「チョンマ」になったのだということです。

f0223055_16523914.gif


「花和村」や神社やおもちゃも、作者のフィクション。
が、この物語にあやかって、佐倉惣五郎の霊をまつる惣五霊堂で「ベロ出しチョンマ」人形が売られたのだとか。

その人形ともぜんぜん違いますが、物語にあやかって、カンタンなおもちゃを作ってみようとしたのでした。
ところが八の字に眉毛を下げることはできず、男の子の顔にも見えず。
結局、試行錯誤の末、舌を出すだけのおばけになってしまいました。

ベロ出しおばけ

f0223055_16532155.jpg

おばけのふつうの顔。
ところが、内側の紙コップをカタッと回すと……。

f0223055_16534596.jpg




材料と道具は、キョロキョロにゃんこのときと同じです。
これだけ。
f0223055_1657171.jpg


(1)えんぴつで下書きの顔を描きます。
f0223055_19313952.jpg


このとき、目と目のあいだの幅は、口の長さよりも長くとります(下図・左)。
口の長さよりも狭いのはいけません(下図・右)。
f0223055_1958732.gif


(2)カッターやはさみで、目の穴をくり抜き、口に切り込みを入れます。
f0223055_20052100.jpg


(3)もうひとつの紙コップを差し込みます。
f0223055_204234.jpg


(4)目の穴の内側のところに、えんぴつでしるしを付けます。
f0223055_2064816.jpg


(5)えんぴつで付けたしるしよりも狭い幅で、下書きの舌を描きます。
f0223055_2075948.jpg


(6)カッターやはさみで切り込み、U字形に舌を切ります。
f0223055_2095395.jpg


(7)舌を赤く塗ります。
はっきり鮮やかに見えるよう、赤のマジックインクなどで塗ると効果的です。
f0223055_20125832.jpg


(8)はめこんだ内側の紙コップの舌を、外側のコップの口の切り込みから差し出します。
その舌の先を折り曲げます。
これがストッパーとなります。
f0223055_20193289.jpg


折り曲げたところの白い部分も赤く塗ります。
f0223055_20202897.jpg


(9)舌をしまった状態にして、ふつうの表情の目玉を描き入れます。
f0223055_20211047.jpg


(10)舌を出した状態にして、驚かせる表情の目玉を描き入れます。
f0223055_20243064.jpg


(11)顔を描いて、完成。
f0223055_2026022.jpg

内側の紙コップをクルッと回すと……。
f0223055_5323034.jpg



f0223055_16523914.gif


旅の行く先で、子どもたちに届けようと思います。
「ベロ出しチョンマ」にあやかって、少しでも笑ってもらえるといいのですが。






《引用・参考文献》
(1)斉藤隆介「ベロ出しチョンマ」角川文庫
[PR]
ちょっと旅へ行くことにしました。
紙芝居と寝袋とテントと、いろいろ運びつつ、自転車で。

自転車で引っ張るリヤカーは、リヤカーやカートの製作で知られるムラマツ車輛さんに発注。
小回りのきく集配ツールとして活躍中のクロネコヤマト「新スリーター(リヤカー付き電動自転車)」のリヤカーもこちらで作っているのだとか。

社長さんはじめ、みなさん親切。
こちらの用途に合わせて大きさやデザインをカスタマイズしていただき、
費用の方もかなり配慮してもらいました。
感謝です。
(ムラマツ車輛HPは、こちら

作ってもらった木箱に、雨を防ぐふたを取り付け、ざっと塗装して、自転車に接続させ、
「ソーピース・キャメル・ザ・9th(ナインス)」の完成です。

f0223055_19103569.jpg


「ソーピース・キャメル(Sopwith Camel)」というのは、第一次大戦で活躍した複葉式の飛行機の名前です。
マンガ「ピーナッツ」シリーズのご存知スヌーピーが、「撃墜王」となって第一次大戦ごっこで遊ぶとき、宿敵レッド・バロンを倒す彼の愛機が「ソーピース・キャメル」。
といっても、ただの犬小屋なのですが。
彼は犬小屋の屋根にまたがり、戦闘機に乗って大空を駆る勇者の夢をみるのです。
(英語の発音からいえば、「ソッピース」と呼ばれることも多いようですが、マンガを訳した谷川俊太郎さんにならって、やはり「ソーピース・キャメル」と呼びたい気がします。)

スヌーピーにとっての犬小屋は、居間であり、オフィスであり、しばしばベッドであり、ある時は飛行機ともなる。
彼の居場所であり、相棒でもあります。
旅のときの自転車はそんな存在でもあるなと思い、「ソーピース・キャメル」と名付けたのでした。

前回、もう10年くらい前になるでしょうか、自転車で旅をしたときは、「ザ・4th(フォース)」──4台目でした。
その後、盗まれたり、違法駐車で持っていかれたり、壊れたりで、この自転車に乗り換えるのは9台目。
そこで、「ソーピース・キャメル・ザ・9th(九世号)」というわけです。

本家の戦闘機「ソーピース(ソッピース)・キャメル」は操縦機能にくせがあって、熟練者が乗りこなせば、旋回や宙返りなど機敏性を発揮して大きな戦果をあげる。
しかし初心者が使いこなすのは難しく、当時、幾多のパイロットが敵にやられる前に自滅したため、「パイロット・キラー」と呼ばれたのだそうです。

今回の旅は、自滅しないようにがんばらなくちゃ。
[PR]
今、旅のための準備をいろいろしています。
行く先々の紙芝居公演のときに、ちょっとした手作りおもちゃを届けたくて、制作中。


キョロキョロにゃんこ
f0223055_3362021.jpg


ふしぎ、ふしぎ!
目玉がキョロキョロ動くにゃんこです。
子どもたちだけでもカンタンに作れますが、カッターナイフを使うところは、おとなの人に手伝ってもらった方がいいです。

材料と道具は、これだけ。
f0223055_0382930.jpg


(1)外側になる紙コップに、えんぴつでネコの顔の下書きを描きます。
f0223055_0412511.jpg


(2)目の中をくり抜きます。
f0223055_046634.jpg

カッターナイフを使うと早い。
最初にカッターナイフで切り込みだけ入れて、はさみで切り抜いてもOK。
f0223055_0453769.jpg


(3)カッターナイフ(または、はさみ)で、耳にするところを切り抜き、折り曲げて立てます。
f0223055_0505174.jpg


(4)マジックインキと、色つきのペンや色えんぴつ、クレヨンなどで顔を描きます。
f0223055_0521184.jpg


(5)もうひとつの紙コップを中にはめます。
f0223055_0525926.jpg


(6)目の穴の幅がわかるように、外側の穴から内側のコップにえんぴつで印をつけます。
内側のコップを少しずつ回してずらしながら印をつけていき──。
f0223055_057541.jpg


目の穴の幅が、だいたいわかるようにします。
f0223055_0582341.jpg


(7)目の穴の幅からはみ出さないよう、黒いマジックインキでグニャグニャ波線を描いて、グルリと一周させます。
この波線が、目玉になります。
二本の波線の描き方で、右を見たり、左を見たり、より目になったり、離れ目になったりすることになります。
f0223055_1538100.jpg


(8)内側のコップをはめ込んで出来上がり。
内側のコップをくるくる回すと、にゃんこがいろいろな顔をするよ。
f0223055_356788.jpg



f0223055_111352.jpg


f0223055_1132280.jpg


f0223055_1124136.jpg


f0223055_112729.jpg


f0223055_111481.jpg


f0223055_1341345.jpg

[PR]