タグ:パルデ・ダーリー ( 1 ) タグの人気記事

パルデ・ダーリー/イラン


イランに伝わる「パルデ・ダーリー(Pardehdari)」は
「絵語り」と訳することができるでしょうか。
「パルデ(pardeh)」は、「幕」というような意味であるようです。
幕に描かれた絵を見せながら、物語を語る。

「パルデ・ハーニー(Pardekhani)」=「絵芝居」とも呼ばれます。
これは、イランにある伝統的な語り、「ナッガーリー(Naghali)」の
ひとつなのだそうです。

幕──横長の大きな布──に描かれた絵を見せて語るというスタイルは、
インドの「ボーパ(Bhopa)」と同じです。
「ボーパ(男性の語り手)」は、
「パド(phad)」という布に描かれた絵を見せて語ります。

「パルデ・ダーリー」や「ボーパ」は、まったくの静止画です。
舞台の書き割りのように、絵は固定されたまま動かない。
場面が次々に展開するというわけでもありません。

そのため、これらのメディアでは、
絵を見せることが、どちらかといえば副次的となり、
唄うように語ったり、あるいは、まったく歌ったり、
または声明を唱えるように語ったりというような語り芸が
メインになっているように思われます。

f0223055_8161532.gif


「パルデ・ダーリー」の動画がありました。
街頭で行われているもの。
観光ツアー向けでもあるようです。

Naghali, traditional Iranian story telling, Shiraz, uppersia tours


次の動画は、なにかの会場内で行われたものでしょう。
PARDE-KHANI / NAGHALI (STORY TELLING) _ TEHRAN _ 1
PARDE-KHANI / NAGHALI (STORY TELLING) _ TEHRAN _ 2
PARDE-KHANI / NAGHALI (STORY TELLING) _ TEHRAN _ 3

①の動画中、街頭で演じられていた方が、
②〜④では、二番目の語り手として登場されています。
幕の絵は、どちらの動画も同じもの。
なにか英雄叙事詩の物語のように見えます。

どんな物語を語っているのか、言葉もわからないのですが、
観客とのやりとりの様子が、実にいきいきと感じられますね。

f0223055_743881.gif
[PR]